桧について

桧は日本独特の様式の建築に古くから使われています。米ヒバと同様の効果があるため、米ヒバの加工で培ってきたものを利用して取り組んでいます。

桧は、学名をChamaecyparis obtusaと言われ、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹です。
日本と一部台湾に分布しており、日本では福島県以南の本州から九州まで、特に西日本に多く、人工林として多く植栽されています。
また中部地方の木曽には樹齢450年を越えるものも見られます。

材質

材質
桧はわが国では、建築用材として最高品のものとされており、加工が容易な上に緻密で狂いがなく、針葉樹としては安定した強度を誇り、その芯材は耐水性、耐蟻性に対し強い特性を持っています。正しく使われた桧の建築は、法隆寺に見られるように1000年を超えるものもあります。
また、日本人に好まれる独特の強い芳香があり、その香りは気分を落ち着かせる効果や抗菌効果などをもつ有用な物質が含まれていることが報告されています。

愛媛県は桧の素材生産量日本一です。

  • 生産量181千立方メートル。全国シェア約8.3%
  • 第2位は岡山県179千立方メートル
  • 第3位は高知県で172千立方メートル

(平成23年度木材統計より)

愛媛県では、県産材をブランド化するため、JAS規格に基づく品質基準のものを、『媛(ひめ)スギ』『媛(ひめ)桧』と命名し、桧の生産量が日本一である事や、品質・供給の安定が可能であることをアピールしていきます。
愛媛の木材 日本は戦後に各地へ造林をし、それが木材として使用する最適の時期になっております。現在の日本の森林は成熟の過程にあり、伐採量よりも木々の成長の方が多くなっていますので、どんどん国産材を使用していく必要があります。

▲このページの先頭へ

桧集成材

原木 ラミナ
原木 ラミナ
製品 認定書
製品 レゾルシノール イソシアネート
品名 同一等級構成集成材(小断面)
サイズ 105×105×3000, 4000, 6000
120×120×3000, 4000, 6000
強度等級 E105-F345(4プライ以上)
接着性能 使用環境 A
接着剤:レゾルシノール・フェノール樹脂
JAS認定番号 JPIC-LT80
原木産地 愛媛県及び高知県(合法木材)
DASH保証制度 (株)ハウスソリューションの保証により、あらかじめご登録いただいた各工務店様・ハウスメーカー様等には納材証明書を発行し、10年間の保証をお付けしております。

▲このページの先頭へ

証明書

製品に貼付するJASシール 証書
製品に貼付するJASシール 証書

▲このページの先頭へ

桧集成角仕様

樹種
品名 同一等級構成集成材
接着剤 ■積層方向
 レゾルシノール・フェノール樹脂、又はこれと同等以上の性能を有するもの
■長さ方向
 レゾルシノール・フェノール樹脂接着剤
■横はぎ
 レゾルシノール・フェノール樹脂接着剤
ホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆合格品

強度等級:E105-F345

基準強度
国土交通省告示
(N/mm2)
圧縮 引張り 曲げ せん断 めり込み
28.1 24.5 34.5 積層方向:3.6
幅方向 :3.0
7.8