会社概要

株式会社サイプレス・スナダヤは、もとは、元禄元年に、初代・砂田屋与左衛門が、「砂田屋」と言う屋号で、地元の主産業であった塩田業を営んでいました。その折、塩田用具「塩鍬(しおくわ)」の製造・販売も手がけており、塩鍬の材料である“桜の木”を多く取り扱った事が縁となり、材木商への道が開かれました。
明治25年、創業者・砂田要次が本格的に、材木商としての「砂田屋材木店」を開設。その後「砂田屋産業株式会社」を経て「株式会社スナダヤ」となり、2005年9月1日より『米ヒバ』への誇りをより一層持つべく、“CYPRESS”(米ヒバの英語名称)を頭に付けて『株式会社サイプレス・スナダヤ』として新しく出発いたしました。

創業 明治25年
資本金 2,000万円
売上高 43億円(2012年度)
従業員数 104名
事業内容 木材輸入・製造加工販売
取扱い樹種 集成材:米ヒバ・桧
製 材:米ヒバ・桧
生産量 米ヒバ集成材  1,800㎥
桧集成材       1,200㎥
米ヒバKD角     800㎥
桧KD角         500㎥
事業所 〒799-1101
愛媛県西条市小松町新屋敷甲1171-1
連絡先 TEL:0898-72-2421
FAX:0898-72-2422
E-MAIL:info@sunadaya.co.jp
JAS認定工場 JPIC LT-80号

株式会社サイプレス・スナダヤ

アクセス地図

認定書

製品に貼付するJASシール例

認定書
米ヒバ
(レゾルシノール)
認定書

(レゾルシノール)
認定書
JAS認定証
(構造用集成材 小断面)
認定書
JAS認定証
(構造用製材、人工乾燥構造用製材)
認定書 認定書
PEFC(Programme for the Endorsement for Forest Certification Schemes)森林認証 http://pefcasia.org/japan/
※ 持続可能な森林管理の促進を目的とした場所から生産された木材を使って製品作り、流通をしています。
認定書 認定書
FSC®(Forest Stewardship Council)森林認証 http://www.forsta.or.jp/fsc/
※ 世界の全ての森林を対象として、環境・社会経済の面から適切な森林管理をされた場所から
生産された木材を使って製品作り、流通をしています。
※現在FSC®の原料の入荷はありませんが将来の入荷の見込みがあります。
認定書
SGEC(一般社団法人 緑の循環認証会議)認証 http://www.sgec-eco.org/
※ 世界的に推奨されている持続可能な森林管理の考え方をもとに、日本の現状にあわせてつくられた国際性を持つ基準です。